FC2ブログ

占い界のロマンシング・ストーン mia

- フォーチュン・カウンセラー mia が送るメッセージ -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『 会社での顔 』 と 『 家での顔 』 の ギャップ ~ その1 ~

今日は本線に戻って、
『 会社での顔 』 と 『 家での顔 』のギャップについてです


『 会社での顔 』 を表わすのはもちろん 『 太陽の星座
そして 『 家での顔 』 をあらわすのは 『 月の星座 』 です。


『 太陽 』 と 『 月 』 だけで沢山のことが見比べられます

『 父親 』 と 『 母親 』
『 夫像 』 と 『 妻像 』
『 意志 』 と 『 気持ち 』 などなど、

『 太陽 』 と 『 月 』に ギャップ があったら、
このすべてに ギャップ があるということです。

『 会社での顔 』 と 『 家での顔 』 や 
『 意志 』 と 『 気持ち 』 などは、
一人の中にある 二つの側面ですが、

『 父親 』 と 『 母親 』 や
『 夫像 』 と 『 妻像 』 などは、
他者に投影するものです

しかし現代では、
父親役も母親役も ひとりでこなすシングルマザーや、共働き夫婦も増えています。
結婚後も 『太陽』 を夫だけに投影せずに、自分でも使っている女性が増えています。

自分の星を自分で使う これはとても良いことだと思います。

意欲的に生きる時(意欲的に自分の素質を活かそうと努めると)
星は 持っている力をどんどん引き出してくれます

逆に 無気力で消極的に生きると
せっかくの持っている力を使えずに、星は消化不良を起こし、
現実世界で何らかの形で消化しようとする力が働き、
予期せぬアクシデントを引き起してしまう事もあります


現代の女性は、
『太陽』 と 『月』 を上手に使いこなすことが必然的に求められる社会になってきました。
男性の場合は始めから 『会社での顔』 として『太陽』を全面的に使っていますが、
女性は本来 『月』 の方が使いやすい生き物です
『太陽』 と 『月』 を要領良く使い分けられるようになるには 時間も経験も必要ですが、
自分の 『太陽と月の性質』 を理解出来ればスムーズです

最近の男性にとっても、
自分の 『月』 の性質を女性に求められる比重が少なくなってきているため、
男性も自分の 『月』 を理解することが必要です。
『 ストレス社会 』 の 『 ストレス 』 を感じるのは『月』の役割ですから、
月を癒してあげられてないと、体に危険信号が出てきます

太陽と月の性質にギャップのある方は、
『 会社での顔 』 『 家での顔 』 という風にただ単に分けて使うというだけではなく、
どちらの性質も上手に自分の中で共存させてあげることで、
男性の場合は、ますます太陽が輝けるようになりますし
女性の場合も、本来の女性らしさを失うことなく陽だまりのような太陽として輝けるのではないでしょうか

そのためにはまず、それぞれの星座のギャップを知るところからですね
・・・本題は次回

お楽しみに~


スポンサーサイト

西占活用術 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『会社での顔』と『家での顔』のギャップ~その2~ | ホーム | 獅子座 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。